<tr id="owsms"><nobr id="owsms"><ol id="owsms"></ol></nobr></tr>
<noscript id="owsms"></noscript>

    1. <ins id="owsms"></ins>
      1. <output id="owsms"></output>
        ?

        株主?投資家情報INVESTOR RELATIONS

        MENU

        TOP  >  株主?投資家情報  >  経営方針  >  経営成績概況

        経営成績概況

        決算に関する定性的情報
        (1)経営成績等の概況

         2023年3月期(2022年4月1日~2023年3月31日)におけるわが國経済は、新型コロナウイルス感染癥による厳しい狀況が緩和される中、総じて持ち直しの動きがみられました。景気の先行きにつきましては、世界的な金融引締めによる海外景気の下振れ等がわが國経済に與える影響が懸念されるなど、不透明な狀況にあります。
         特殊鋼業界におきましては、半導體不足や中國の都市封鎖に伴うサプライチェーンの混亂を受けた自動車減産の継続に加え、堅調に推移していた建設?産業機械向け需要の調整局面の継続などにより、特殊鋼熱間圧延鋼材の生産量は、前期を下回りました。
         このような中、當社グループの売上高は、スウェーデンの連結子會社Ovakoの前期の決算期変更影響(注)や自動車減産等の影響はありましたが、鉄スクラップやエネルギーのサーチャージ適用に伴う販売価格の上昇などにより、前期比305億65百萬円増の3,938億43百萬円となりました。利益面では、鉄スクラップをはじめとする原燃料価格の上昇やOvakoの決算期変更影響はありましたが、鉄スクラップやエネルギーのサーチャージ適用に伴う販売価格の上昇や構成の高度化によるマージンの改善、一過性影響を含むOvakoの収益改善などにより、経常利益は、前期比71億92百萬円増の288億56百萬円、 親會社株主に帰屬する當期純利益は、前期比54億76百萬円増の207億43百萬円となりました。

        (注) 2022年3月期よりOvakoの決算期を従來の12月から當社単獨と同じ3月へ変更したことに伴い、同社は2021年1月~2022年3月の15ヵ月決算を行いました。前期の連結決算値には、2021年1月~2022年3月期の同社損益およびのれん償卻費を織り込んでおり、そのうち、2021年1~3月期の同社損益(売上高303億83百萬円、経常利益25億29 百萬円)およびのれん償卻費▲6億72百萬円が決算期変更影響となります。

                      
        (2)今後の見通し

         半導體不足等により減産の続いていた自動車生産が緩やかに回復し、サプライチェーンの在庫調整影響も徐々に緩和することが期待されるものの、建設?産業機械向け需要の調整局面の継続や、インフレによる世界経済への影響が懸念されるなど、當社グループの事業環境は厳しい狀況が続くと想定されます?!?br>   次期(2024年3月期)につきましては、特殊鋼需要は年度後半からの回復が期待されるものの、通期では売上數量が前期並みの水準にとどまると予想されます。また、エネルギー価格はピークアウトした一方で、原燃料価格は高位で推移し、諸資材等へのインフレの影響も予想されることに加え、Ovakoの一過性影響のはく落が見込まれます。以上を踏まえ、次期の業績につきましては、売上高3,940億円、営業利益200億円、経常利益200億円、親會社株主に帰屬する當期純利益140億円を見込んでおります。

        ?

        當社のウェブサイトは、利便性、品質維持?向上を目的に、Cookieを使用しております。詳しくはクッキー使用について をご覧ください。 Cookieの利用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意頂けない場合は、ブラウザを閉じて閲覧を中止してください。

        大伊香蕉av最新播放东京热,学长让我扒开下面自慰给他看,欧美男人吃奶图,天天色色视频