<tr id="owsms"><nobr id="owsms"><ol id="owsms"></ol></nobr></tr>
<noscript id="owsms"></noscript>

    1. <ins id="owsms"></ins>
      1. <output id="owsms"></output>
        ?

        株主?投資家情報INVESTOR RELATIONS

        MENU

        TOP  >  株主?投資家情報  >  経営方針  >  コーポレート?ガバナンス

        コーポレート?ガバナンス

        山陽特殊製鋼グループは、基本理念である「信頼の経営」を実踐し、広く社會に役立つ鉄鋼製品の供給を通じて、世界経済の発展を擔うとともに、循環型社會の構築と環境保全に注力することで、當社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指しています。當社では、これを実現するための経営基盤としてコーポレート?ガバナンスの充実が必要不可欠であるとの認識のもと、コーポレート?ガバナンスの整備?運用?継続的改善を図り、経営の効率性?健全性?透明性などを向上させることで、より當社の事業に適したコーポレート?ガバナンス體制の構築を推進します。

        コーポレート?ガバナンス報告書

        コーポレート?ガバナンスおよび內部統制の仕組み

        • 取締役會

          取締役11名(うち獨立社外取締役4名ならびにうち女性取締役1名)および監査等委員3名(うち社外監査等委員2名)で構成され、経営上の重要な意思“決定”、業務執行部門の“監督”を行っています。原則として月1回開催されています。

        • 監査等委員會

          監査等委員3名(うち社外監査等委員2名)で構成され、年度毎の監査方針を策定し、取締役の職務執行だけでなく、內部統制面におけるリスク管理やコンプライアンスなどを対象に幅広い視點から監査役監査を実施しております。原則として3ヶ月に1回開催されています。

        • 経営會議

          代表取締役社長および國內在勤の執行役員で構成され、取締役會で決定した経営方針に基づき、経営に関する重要な事項の“協議”を行っています。また、業務執行部門に対して“指示?助言”を行うことで、社內のコントロールを行っています。原則として月2回開催されています。

        ?

        當社のウェブサイトは、利便性、品質維持?向上を目的に、Cookieを使用しております。詳しくはクッキー使用について をご覧ください。 Cookieの利用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意頂けない場合は、ブラウザを閉じて閲覧を中止してください。

        大伊香蕉av最新播放东京热,学长让我扒开下面自慰给他看,欧美男人吃奶图,天天色色视频